共同相続した建物に従前どおり住んでいることができますか?|愛知県刈谷市で弁護士をお探しなら白濱法律事務所へお任せ下さい。

愛知県刈谷市で弁護士をお探しなら白濱法律事務所

0566910210
刈谷事務所
0564543777
岡崎事務所

コラム

  • コラム
  • お知らせ

共同相続した建物に従前どおり住んでいることができますか?

カテゴリー 2015年11月30日

[ 相談事例 ]
   私には母と兄が居ます。母が高齢になり、介護のため母が所有する建物に母と一緒に住んでいたのですが、此度母が亡くなりました。
  私は、母が亡くなった後も、この建物に住み続けていたところ、1年して、疎遠であった兄から、母が亡くなったことにより自分にも法定相続分である 1/2の権利があるから、相続開始時からその建物の家賃相当額の1/2を支払えとか、この建物から出て行けという請求がきました。
  このような請求に応じなければいけないのでしょうか。

   ⇓

 当事務所の相続専門サイトで回答しましたので、ご参考にしてください。

ページトップへ