「相続させる」遺言と登記|愛知県刈谷市で弁護士をお探しなら白濱法律事務所へお任せ下さい。

愛知県刈谷市で弁護士をお探しなら白濱法律事務所

0566910210
刈谷事務所
0564543777
岡崎事務所

コラム

  • コラム
  • お知らせ

「相続させる」遺言と登記

カテゴリー 2014年04月30日

(1) 被相続人が「長男に甲不動産を相続させる。」という遺言を遺して亡くなった。

(2) 長男は、甲不動産を自分の名義にするため戸籍謄本等の必要書類を取り寄せていたところ、被相続人の妻がXから借金をしていた ため、甲不動産について妻が有している法定相続分1/2をXから差し押さえられてしまった。

このような場合、長男とXとの優劣はどのようになるのでしょうか。

当事務所の相続専門サイトで解説しました。クリックしてお進みください。

ページトップへ